ホーム>コーティング>職人のコーティング行程

職人のコーティング行程

1.ボディーコーティングチェック

process001.JPG

キズ、鉄粉の付着度合いを確認します。

2.ボディー洗車

process002.1.JPG process002.2.JPG process002.3.JPG

専用シャンプー、スポンジを使用し、付着している汚れを洗い落とします。フェンダー内、下回り、ホイール洗浄も同時に行います。

3.鉄粉除去作業①

process003.JPG

鉄粉除去剤を噴霧し、鉄粉を確認、スチームで洗い流し再度洗車をします

4.鉄粉除去作業②

process004.JPG

①で落ち切れない鉄粉を粘土を使用し除去していきます。粘土での除去作業を完了したらもう一度洗車をします。

5.ふきあげ作業

process005.JPG

ボディー、ガラスはもちろんドアの内側など隅々までふきあげます。この際にポリッシャー(研磨する機械)での研磨が不可能な個所の水垢など汚れを確認します。

6.エアーブロー作業

process006.JPG

ふきあげクロス等でふき取りきれなかった隙間に入っている水分を風で飛ばしていきます。

7.水垢落とし

process007.1.JPG

施工前

process007.2.JPG

施工後

 

エンブレム周り、ドアノブ周りの汚れなど、機械で研磨できない箇所は手作業で汚れを落としていきます。

8.マスキング作業

process008.JPG

塗装以外の箇所(研磨しない箇所、研磨剤を付着させたくない箇所など)を覆っていきます。タイヤ、ホイール部分には専用カバーで覆います

9.研磨作業(下地)

process009.JPG
お車のコンディションに合わせたバフ(研磨するためのスポンジのようなもの)とコンパウンド(研磨剤)で研磨作業をしていきます。下地の研磨作業はボディの状態により工程を重ねていきます。

10.研磨作業(仕上げ)

process010.JPG

仕上げ専用のバフとコンパウンドを使い鏡面に仕上げます。

ページ上部へ